原子と各種クライアントについて探究をしてた

原子などについて訓練しました。分子はアボガドロという顧客が名付けました(1811時期)。化学変動程度の原子の種別と台数は変化しません。連続モデルの係数は特に簡単な整数比で表されます。瓦斯の手答えにおけるキャパレートは、簡単な整数レートになります。ゲイ・リュサック(1778〜1850時期)という顧客は、瓦斯手答えの基本を提唱しました。ゲイ・リュサックは、瓦斯を原子と考えました。プルースト(1754〜1826時期)という顧客は定比例の基本を提唱しました。組み合わせ物をつくる物の質量のレートは、いつも規定だ。水ならば、水素と酸素の質量のレートは水素:酸素=1:8だ。ラボアジェ(1743〜1794時期)という顧客は、質量保護の基本を提唱しました。1783時期には、水素や酸素など33種別の物の呼称を塗り付けました。密閉した入れ物の中では化学変動の前後で物全体の質量の調和は変わりません。このようなことを訓練しましたが、知らないことを知れて良かったです。http://nyota.co/